肌を気にする女性

年齢とともにどんどん増えてしまうシミは、老化現象の一つです。そしてこれは見た目的にも大変気になるものです。お化粧で隠すという方法も有りますが、すっぴんでも自信の持てる肌になりたいという方は、隠すのではなく根本的に治す事も出来ますので対策を行っていきましょう。美白化粧品を使うだけでは予防しかできませんが、トレチノインハイドロキノンという医薬品を併用すればターンオーバーに作用していく事が出来るので効果的です。

諦めないで!実はそのシミ、消せるんです!

年齢を重ねると増えてしまう老人性色素斑(シミ)は、老化現象の一つです。出来てしまうメカニズムを知り、その予防を行っていく事がまず先決です。

体質的な事やホルモンバランスの乱れなども関係しますが、多くの場合には乾燥によるバリア機能の低下、ターンオーバーの乱れ、そして紫外線からの影響を受けやすくなる事が原因です。まず30代後半頃からお肌のコラーゲンの分泌量は減少していきます。このコラーゲンというのは肌細胞同士をつなぎとめる役割がありますので、保湿力の低下をまねきます。保湿力が低下する事で、細胞のキメが荒れてバリア機能の低下をもたらし、紫外線からの影響も大きくなります。

紫外線を浴びる事で、お肌のメラノサイトという部分でシミの原因でもあるメラニン色素が分泌されますが、通常であればターンオーバーというお肌の新陳代謝のサイクルによって古い角質とともに剥がれていき、新しい皮膚に生まれ変わります。しかしターンオーバーの機能も年齢とともに落ちてしまい、その間隔がどんどん広がってしまう事で周期にも乱れが発生して、角質がどんどん厚くなってしまうのです。剥がれ落ちなかった角質の中には、メラニン色素もあるので色素沈着が起こり肌に現れてきてしまいます。

基礎化粧品のラインには美白化粧品というものがあり、それを使っているから大丈夫と安心している方もいるかもしれません。しかし美白化粧品に含まれるアルブチンやビタミンC誘導体、ハトムギエキスと言った成分はメラニン色素の分泌量を抑えるということが出来ても、出来てしまったものを薄くするということは困難なため、予防という使い方になります。そのためお肌に現れたシミに対しては実はあまり効果は期待出来ません。

しかし今は医療も進歩していますし、様々なアプローチで対応することが出来ますので諦めることはありません。消す方法としては、第一に即効性のあるレーザー治療が挙げられます。一発のレーザーで焼き取るということもできますし、何度か徐々にメラニン色素の部分を薄くするべくレーザー照射する、またフラッシュというマシンで対応していく事も出来ます。

それぞれのシミの種類や症状によってマシンは使い分けをしていく事になりますが、肝斑という特殊な物に関してはレーザー治療をすると悪化してしまう恐れもありますので要注意です。経験豊富な医師であれば的確な方法を提案してくれるでしょう。

レーザーやフラッシュを使った方法は、すぐに効果が出るものも有りますが、ダウンタイムが10日ほどかかるものもあります。赤くなってかさぶたとなり、それがはがれたときにシミも薄くなるという効果ですので、その期間はかさぶたなどが気になる事も有ります。痛みに関しては照射する一瞬の場合がほとんどで、麻酔などはしないことがほとんどですのでそこまで気にすることはありません。

また美容目的のレーザー治療の場合には保険が適用されませんし、治療する部分の大きさや使うマシンによっても料金設定は各クリニックで異なりますので、事前にサイトなどで比較をしてから受診する事をお勧めします。レーザーやフラッシュは1回でOKの場合と何度か通うタイプのマシンもありますし、費用にもばらつきが見られます。ある程度費用は掛かってくることになりますが、痛みも費用も抑えたいということでしたら塗り薬を使った方法もありますので検討してみると良いでしょう。

どちらにしても消すことは可能ですので、諦めないでください。

お肌を美しく保ちたいなら2種併用がベスト!

お肌を美しく保つためには、老化現象にも対応していく必要があります。多くの方が悩む年齢肌のサインは、シワやシミ、毛穴の開きやたるみなどが挙げられます。これらのエイジングサインは、乾燥肌になってしまう事がトラブルの引き金となる事がほとんどです。

乾燥肌になる原因は、コラーゲンの生産量の減少です。季節によっても特に冬場は乾燥すると言ったことはありますが、コラーゲン減少は30代後半頃からみなさんに起こってくることですので、年齢を重ねていけば多くの方がコラーゲン不足で乾燥肌になります。

コラーゲン不足は保水力の低下を招きますので、化粧水なども浸透しづらくバリア機能の低下にもつながります。紫外線からの影響も受けやすくなり、シミも出来やすい状態になってしまうのです。さらにお肌のターンオーバーという新陳代謝の働きもにぶくなり、通常若い方であれば28日ほどで古い角質が剥がれ落ちて新しい皮膚に生まれ変わるというサイクルがありますが、遅れが生じてどんどん角質が溜まってメラニンの色素沈着も起こるため、お肌にエイジングサインが現れてしまいます。

そこでその老化現象に着目して使いたいのが、トレチノインです。トレチノインはターンオーバー促進効果がありますので、強制的に古い角質を剥がして新しい皮膚に生まれ変わらせる事が出来ます。使ってしばらくすると皮剥けの症状が現れてびっくりするかもしれませんが、これはターンオーバーが成功している事を示します。

稀にお肌に合わず炎症を起こしてしまう事もありますので、皮剥けだけではなく副作用が重度であると感じた場合には使用を中止しましょう。

ターンオーバー促進で新陳代謝を促す事が出来ますので、お肌は若い時の様にゆで卵の皮をむいたようにツルツルの肌になれるのはこのトレチノインの魅力です。さらにその際古い角質とともにメラニン色素も剥がしていく事になりますので、色素沈着している部分も薄くする作用が期待出来ます。

ターンオーバー促進という観点ですと、ケミカルピーリングも同様に効果が期待出来る方法です。しかしケミカルピーリングは炎症性の色素沈着には効果があまり見られません。ニキビ跡などが出来ている場合や毛穴のケアを考えるのであれば、トレチノインを使った方がヒリヒリ感もあまりありませんし費用も安く抑えられると考えられます。

さらにトレチノインのには、コラーゲンを肌の奥から生産させることが出来るという効果も期待出来ます。30代後半から乾燥を感じる方が多いのは、コラーゲン生産量の減少も原因です。外側から化粧品で水分を補ってあげようとしても、そのベースが整っていなければ浸透してくれませんので内側からコラーゲン生産をして水分量を上げる事は非常にメリットがあります。

このような効果があるトレチノインですが、さらに併用する事でアンチエイジングへの対策が整えられるという優れた医薬品がハイドロキノンです。ハイドロキノンには漂泊作用があり、メラニン色素で色素沈着した部分も薄くすることが出来ます。即効性は無いのですが、使い続ける事で徐々に薄くなり最後には目立たなくなったり、人によっては消えるところまでいきます。

単品でハイドロキノンを使用しても漂泊作用はあるので、そこそこの効き目はあるのですが、ターンオーバー促進出来るトレチノインで新しい皮膚になった状態で使う事でさらに漂泊効果が上がります。ですからこの2つの医薬品は併用する事が多いです。

記事一覧
ルミガンを使えばふさふさまつ毛で目元を美しくできる! 2019年12月08日

目元の印象というのは非常に重要です。第一印象にも大きく影響してきますし、パッチリした目元は美人にも可愛くも見せる事が出来ます。日本人は欧米人と比べてまつ毛の本数も密度も角度も少ないです。外国人風のメイクが人気で、アイメイクにこだわってマツエクやつけまをする方も増えていますが、負担やダメージも大きいで...

アンチエイジングならプラセンタにお任せ! 2019年12月06日

年齢とともに様々な老化現象が起こります。若い肌とは違って、シミやシワ、たるみや毛穴の開きなども挙げられますが、メカニズムを知ってアンチエイジング対策を行う事で、美白と美肌を手に入れる事も出来ます。まず加齢だけではなくストレスや食事のバランスが悪かったり、運動不足や睡眠不足などの生活習慣の乱れによって...