• ホーム
  • 紫外線はシミの原因!今日からできる紫外線対策法

紫外線はシミの原因!今日からできる紫外線対策法

紫外線はシミの1番の原因です。紫外線を浴びる事で、お肌のメラノサイトが刺激され、メラニン色素が分泌されて色素沈着が起こったものがシミです。ターンオーバーが正常に行われていれば、古い角質とともに排出されていきますが、年齢とともにその新陳代謝もタイミングが遅くなってしまいますし、ストレスや生活習慣の乱れも影響してターンオーバー異常が起これば、シミとなって現れてしまうのです。

そこでまず予防するためには、紫外線対策を行う事が大事です。まず使いたいのが日焼け止めです。夏場だけ使っているという方も多いかも知れませんが、夏だけではなく一年を通して出ていますので、日焼け止めは毎日使うようにしましょう。

乾燥もバリア機能低下によって紫外線からのダメージが大きくなります。ですからフェイスパックをするなどして前日から保湿を心がけるケアを行う事はお勧めです。フェイスパックをする事によって、お肌の水分量を増やしておけば、乾燥やバリア機能の低下も防いで元気な肌で立ち向かう事が出来ます。特に長時間強い日差しの中外出したり、スポーツやレジャーをするという前日の対策はお勧めです。

外出時には、日傘や帽子やサングラスを使用すると良いです。日傘や帽子は直接お肌をガードしてくれます。サングラスに関しては目を守るという印象があるかもしれませんが、目から受けた紫外線は身体では防御反応としてメラニン色素が分泌されるというメカニズムもありますので、目を守る事もお肌にとっては良い影響が出てきます。

年齢とともにお肌のコラーゲン分泌は減少する傾向が見られます。コラーゲンはお肌の細胞同士をつなぎとめているため、減少すれば保水力が低下し、乾燥肌になってしまいます。乾燥すればあらゆる肌トラブルを引き起こすきっかけにもなりますし、もちろんバリア機能の低下によって紫外線からの影響も受けやすくなりますので要注意です。アンチエイジング対策としても重要視されている保湿ケアは、とにかく入念に行う事です。

最近ではプラセンタを使った対策を行う方も増えていますし、体内外からアプローチする事でより紫外線対策も効果が高まります。プラセンタはターンオーバーを促進させたり肌荒れを防ぐ事も出来ますし、美白の観点でもメリットがあります。美白化粧品でメラニン色素の分泌量を抑える事も有効ですし、今注目の飲むタイプの日焼け止めを使えばこちらも体内外からのアプローチが可能です。