• ホーム
  • いま消したいこのシミ…お化粧で消す方法を紹介!

いま消したいこのシミ…お化粧で消す方法を紹介!

お肌のシミは、老化現象の一つでもあるため、老けた印象になってしまいます。大きかったり数が多かったり、広範囲に及ぶ肝斑のようなシミが有れば気になります。シミ治療をして根本的に消す方法もありますが、数か月間かかってしまう事も有りますし、今すぐに消したいという場合にはお化粧で隠す事も出来ます。

お化粧で隠す時に使うアイテムはコンシーラーです。まだ薄いシミであればファンデーションだけでも隠せることも有りますが、濃いシミやニキビ跡、またクマなどを隠す事が出来るのがコンシーラーです。クレヨンタイプやパレットタイプ、チューブやリキッドタイプなど様々なテクスチャがありますので、目的や仕上がりの質感や好みに合わせて選んでいきましょう。

色は濃い目の色を選ぶのがコツです。さらにテクスチャはスポット的に隠したい時には硬めのもの、広範囲で隠したい時にはやわらかめのものを選びます。カラー展開されている物は、肌の色に合わせて選ぶのも大事なポイントです。肌の色と合っていないコンシーラーを使ってしまいますと、浮いたように目立ってしまう事がありますので要注意です。

シミをお化粧で消す方法に入っていきますが、まずは化粧下地をつけます。化粧下地を使わずにファンデーションを付ける方もいるかもしれませんが、ファンデーションをお肌に密着して崩れにくくなりますし、余分な皮脂を吸着してくれる効果も有るタイプでしたお化粧崩れを防ぐ事も出来ますので必ず使うようにしましょう。

続いてコンシーラーを使う順番ですが、使用するファンデーションによってその順番は変わってきます。パウダーファンデーションを使っている方は、ファンデーションの前に使います。リキッドタイプやクリームタイプの場合にはファンデーションの後に使い、その後にフェイスパウダーを重ねるというのが基本です。リキッドタイプのファンデーションの場合には、フェイスパウダー無しでコンシーラーを使うと浮いて来たり撚れたりする原因にもなりますので、パウダーは必須です。

コンシーラーはテクスチャにもよりますが、肌にのせて指でぽんぽんと周りの肌と馴染ませるのがコツです。シミを消す時には肌の色よりも少し暗めの色を選んでいますので、良くなじませないと不自然に目立ってしまいます。周りの肌と馴染ませるように使っていきましょう。

シミをすぐに消せるという点ではメリットが大きいコンシーラーですが、美白化粧品を使ったり治療をして根本的に薄くしていく事もお勧めです。